石塚 千尋。 ふらいんぐうぃっち(石塚千尋)のあらすじ(ネタバレあり)・感想

千尋 石塚 千尋 石塚

僕が描きたいのは「日常の中にヘンなヤツがいる」、しかも現実世界の中に異世界が「普通に存在する」、そんな違和感のないシュールな世界観です。

千尋 石塚 千尋 石塚

居候先の親戚・圭(けい)や千夏(ちなつ)を巻き込んだり巻き込まれたりして、楽しく暮らしています。 (『』2012年9月号 - 連載中、既刊9巻) 読切 [編集 ]• 『』(講談社コミックス) 既刊4巻まで大好評発売中 高校生になった魔女の真琴は黒猫のチトと豊かな自然が残る青森県の親戚の家に引っ越してきた。 だからファンタジー漫画を期待して読むと肩透かしを食らいます。

5
千尋 石塚 千尋 石塚

今回のコラボではメンバー4人のイラストを描いた。 海では浜辺兎という生き物に出会う。

4
千尋 石塚 千尋 石塚

真琴は一人前の魔女になるべく、魔女の修行に取り組んでいく。 王林さんは自身のインスタグラムで「まさか石塚先生による絵になって登場できるなんてうれしい」と話す。

3
千尋 石塚 千尋 石塚

」がデビュー作です! ただし、必ずしも順調にデビューしたわけではなく、連載が決まってからネームが通るまでに約2年半かかったそうです。 学校ではちょっと絵がうまい子で通っていましたが、そのぶん勉強はどんどんできなくなっていきました(笑)。 新たに喫茶店を知ったことで生活圏も広がっていきます。

千尋 石塚 千尋 石塚

真琴がいきなり箒に乗って飛び始めたとき、それを見ていた千夏は声を上げるでもなく呆然としています。 後輩の魔女ができたり、先輩魔女に怒られたり何やら騒がしくなってきました。

千尋 石塚 千尋 石塚

それで友だちと3人での体験入学に参加し、「とにかくやってみよう」と入学を決めました。 津軽弁出てきてにやりとしてしまう。 マイペースで穏やかな性格。