新 日本 海 新聞。 新日本海新聞社

海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

鳥取県を中心として東部や北西部()も主要な配布地域としている。 現行もABCテレビ、サンテレビ、瀬戸内海放送、テレビせとうちの番組を収録しているのは、山陰地域において、加盟のフルネット局がないため、それを補完するためにでが行われていることに配慮するためである [ ]。 年産台数は約3万台で、日本の主要成形機全社に匹敵する生産規模を持つ。

16
海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

記事に対し、翌10月8日に(系、以下西労組)は電話で記事の撤回を要請、これに日本海新聞社が応じなかったため、同月末より西労組は同紙の不買運動を展開した。

海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

1976年(昭和51年)5月1日 - 廃刊していた「日本海新聞」の発行を旧社から題字と紙齢(号数)を引き継ぐ形で再開。

17
海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

境港支社 - 鳥取県元町130 まるかビル4F• 2000年(平成12年)10月、で夕刊紙「」を発行していた大阪日日新聞社(買収後の2002年(平成14年)10月に社名を「ザ・プレス大阪」に変更)を買収し、傘下に収める。

4
海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

(石田剛). 東部本社 - 富安2丁目137番地• 新聞をとらなくても、ニュースや情報を得るのにはまったく困らない、というのが率直なところに違いない。 その他 [ ] 欄外には、その掲載対象地域を示す頁説明がある。

17
海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

なお、西労組はその後同年12月に「境線存続へ一定の成果があった」として、組織的な不買運動を終結させている。

3
海 新聞 日本 新 海 新聞 日本 新

- 元記者。

12