さいたま 市 コミュニティ バス。 市町村コミュニティバスへのリンク

市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

(平成25年)に、武蔵浦和駅西口に建設された南区役所の新庁舎を中心とする公益複合施設「」が開設され、同日の改正によって武蔵浦和駅西口発着となった。 に運行委託 (15年)に運行開始。

5
市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

東岩槻駅南 - 南平野公園間では、南平野団地を経由する便とやまぶき団地を経由する便があり、それぞれ上下とも6便ずつである。 行政区によっては、新設された区役所の位置がから遠いなど、でのアクセスに問題があり、利便性向上のために順次運行を開始した。

12
市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

に運行委託 (17年)に運行開始。 さいたま市の行政区と旧市域 (13年)、・・の3市のによりさいたま市が新設された。

12
市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

ルート3は平日に運行します。

17
市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

(平成26年)2月から(平成27年)2月までの1年間は、南区コミュニティバス・岩槻区コミュニティバスの2路線でルート変更の実証運行を実施。 なお、西区コミュニティバス用の車両はポンチョショート(1ドア車)になったため、バスから降りる客を優先させ、乗車の際は降車する客が全員降りたことを確認してから乗ることになる。 乗合バスの現状 県内の乗合バス輸送人員は、昭和45年度の2億8千万人をピークに減少し、平成13年度にはピーク時の約6割に減少しましたが、平成14年度以降はゆるやかな増加傾向がみられます。

市 バス さいたま コミュニティ 市 バス さいたま コミュニティ

(平成25年)にが実証運行を開始した ことに伴い、西大宮駅 - 花の丘 - 西大宮駅の区間は休止となった。 (平成15年)にとなり、その際に9区のが設置された(後にの編入により10区となった)。

4