完璧 帰 趙。 * 完璧之帰

趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

秦不敢動。 ・強弱ではなく、非がどちらにあるかを判断基準にする。

8
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

[ 語句・句法 ] ・ 奉ず … ささげ持つ ・ 往く … 出かけて行く ・ 臣 … 臣下の君主に対する謙称 ・ 請~ … どうか~させてください ・ 完うす … 完全な状態に保つ ・ 償ふ … 代償として与える [ 原文 ] 藺相如曰、「願奉璧往。 つひに廷(てい)に相如を見、礼をおはりてこれをかえす。

7
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

私は人々の意見に賛成しかねる そもそも秦が十五城を以て、璧と交換するという条件は空約束であって,趙を騙して其の璧を脅し取ろうと考えていた。 ・職人に磨かせた所、立派な宝玉となったという伝説の宝玉である。

2
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

2 【指】「帰之」の指示内容は。

7
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

趙王は恐れて、 献上しないわけにいかないと。 秦王群臣と相みておどろく。

6
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

側近が藺相如を斬り殺そうとした。 城趙に入らば璧は秦に留め、城入らずんば、臣請う璧を完うして趙に帰らん」と。

1
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

殺してしまいましょうという臣下の声に対し秦王は「いやいや今更藺相如を殺しても玉は返ってこない。 ・次いで即位した文王は、卞和が楚山の麓で三日三晩泣き通し血の涙を流しているという噂を聞き、その理由を問いただした所、偽物と鑑定されたことが悔しくて泣いていると分かる。 と恵文王から尋ねられると、 私にその役を任じていただければ、がのものとなれば和氏の璧を置いてきます。

3
趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

ウィキペディア【】参照。 趙王鼓之。

趙 完璧 帰 趙 完璧 帰

秦王城を償ふに意無し。

18