麻雀 振り 聴。 日本の麻雀の変遷(へんせん)

聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

打撃派(だげきは) 常にあがりや最高形を目指す、攻撃的な打ち筋の打ち手のこと。 スピードに劣るが、手作りが成就したときの得点的破壊力は高い。 13翻以上は 数え役満になります。

12
聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

まずは、これが大原則じゃ。

13
聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

(カン)• そのような場合は自然迷彩という。 対義語は「ド安目」。 ルールなどもあまりよく知られていないようでした。

8
聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

誰かがドボンしたか、テッペンしたか。 対義語は「ネクストドラ」「ドラはネクスト」• チー! この場合はいちおう で完成になるが、あがれるのは三色同順が成立する しかない。 なんか、嬉しい。

6
聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

(レンフォンパイ・れんぷうはい)• ルールでは、このロンは正当なホーラで、九連宝灯が認められちゃうのかな。

1
聴 麻雀 振り 聴 麻雀 振り

リーチ・ドラは、中国は言うに及ばず諸外国のいずれも採用しておらず、日本麻雀の特徴の一つです。 ダブル面子落とし(メンツおとし) 6677などの形から6と7を切り出していくこと。 「リンシャン」の音が「デンシャ」に近いからか。

3