絵 仏師 良秀 現代 語 訳。 説話

語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

この道を立てて世にあらんには、仏だによく書きたてまつらば、百千の家も出で来なん。

2
語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

」と言って、あざ笑って立っていた。 絵仏師良秀 ・ 宇治拾遺物語巻第三の六「絵仏師良秀家の焼くるを見て悦ぶ事」です。 「児のそら寝」とパターンは同じです。

語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

お互いがんばりましょうね! 以上参考までに。 家の隣より、火出 いできて、風おしおほひてせめければ、逃げ出でて、大路 おほちへ出でにけり。

16
語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

」とて、人ども、来とぶらひけれど、騒がず。

9
語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

今見ると、このように(火炎は)燃えていたのだなあと、理解したのだ。 A ベストアンサー こんばんは。 」はきちんとした、係り結びになっていますね。

17
語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

11 衣 名詞。

9
語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

ちなみに漢和辞典では、「盗」は人の物を取る、「窃」は人の見ぬ間にこっそりとぬすむ、「偸」は人の目をはずすこととあります。 > 2. 見れば、すでにわが家に移りて、煙・炎くゆりけるまで、おほかた、向かひのつらに立ちて、眺めければ、「あさましきこと。

語 絵 仏師 訳 現代 良秀 語 絵 仏師 訳 現代 良秀

意味は「眺めた」。 」と言ふときに、とぶらひに来たる者ども、「こはいかに、かくては立ちたまへるぞ。