手 を 前 に 出す 描き 方。 手を楽に描けるようになるための描き方のコツと練習法

出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

仕上げ. なにかを絵に描くとき、その物体の厚みの部分が見えると、より難しく感じてしまいますね。 あ、あと、「ぱー」ですが、この指の状態は一般的にこうかなー、ということで書いています。

10
出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

指の構造です。 手だけでは無く、勿論腕も大事になります。

12
出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

手の構造 手はその形自体や動きのバリエーションにより、複雑に見てしまいがちです。 基本は 手の指とお腹の部分は大体半分くらいです。 中指の指先から手首の間の2分の1地点に中指の「拳頭」があり、4分の1地点に親指の付け根があります。

19
出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

この練習方法も、今回のみに限らず、絵を描くとき全般の練習方法に当てはめることができます。 少ない線で描く場合も、手の立体感を示すために指関節のシワなどを入れてみました。 描き方の順番は、先に下にあるものを描いた方がいいです。

2
出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

この不自然なイラストをよく見てみましょう。 それらを知ってしまえば、なーんだ、ってな感じに思えてきますよ。 あ、人によって手のポーズの癖なんかもありますねぇ。

16
出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

思いついたら更新してきますぞ! いろんなパターンを覚える時は、実際にゲームやアニメなどを参考に、どういう手のポーズが描きやすいのか研究してみるのがおすすめです! ポーズを思いついたらまた随時更新していきます!. 最初は自分の手などの資料を使うのをおすすめします。

出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

ほかの主な特徴については、だいたい図に書いているので、よく見てね。 手の甲や手のひら側を見ると、手首は細く、指の付け根の関節部分は幅広く、指先へ行くほど幅が狭くなっており、しずく型をしています。 描く順番を言うとしたらモノを掴む手よりも掴むモノを先に描きその後触れる手や指を…という方が描き易いと思います。

出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

そして初心者さんが一番よくやってしまうのは… 手は難しいと思い込んで、苦手意識から手を描くことを避けてしまうこと。 手の厚みや指の長さ、指の太さなどは個人差があります。 2は、1でやった描き方を用いて、自分なりの見方・捉え方で形に起こす練習です。

出す に を 方 描き 前 手 出す に を 方 描き 前 手

以下練習で描いたもの。

4