鶏口 牛 後 口語 訳。 『鶏口牛後』原文・書き下し文・現代語訳

後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

書き下し文 [ ] 秦人(しんひと) 諸侯(しょこう)を恐喝(きょうかつ)して、地(ち)を割かん(さかん)ことを求む(もとむ)。

20
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

「ヤバイ」が悪い意味ではない用例が増えている• まとめ 「鶏口となるも牛後となるなかれ」の意味は、原文をみるとよく理解できます。 鶏口牛後というので、大きな企業ではなく小さな企業でもいいので、自分の主導で何かをプロジェクトしたい。 全く的外れというものでもないと思うがどうか。

8
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

ここで気を付けなければいけないのは、あくまでであること。 蘇秦鄙諺(ひげん)を以つて諸侯に説きて曰はく、 「寧ろ鶏口と為るとも、牛後と為ること無かれ。

9
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

こうして六国は、同盟を結んだ。

14
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

洛陽の人で蘇秦という者いた。 また、牛後は牛の動きにただついていくことしかできませんが、牛尾だとある程度自由が効くものです。 嘗て楚に遊び、楚相の辱しむる所と為る。

14
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

ときに、洛陽に蘇秦という者がいた。 既に従約を定めて趙に帰る。 乃ち往きて燕の文侯に説き、趙と従親せしめんとす。

13
後 訳 口語 牛 鶏口 後 訳 口語 牛 鶏口

秦は韓に対して、年々土地の割譲を要求するだろうと説いて、さらにこう言った。 」於是六国従合。

7