ホラズム シャー 朝。 ホラズム・シャー朝

シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

しかしこの時期にセルチュク朝の中央集権政策のために、ホラズム・シャー朝のアトスズは多くの場所で独立した国家政策を実施しました。

18
シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

( - )• アラーウッディーンはゴール朝のホラズム侵入をアッバース朝の扇動によるものと考え、の領有とカリフの地位を望んだ。 ホラズム・シャー朝とモンゴルの支配 [編集 ] ホラズム・シャー朝の最大版図 、セルジューク朝のマムルーク出身の将軍がホラズム総督に任命されるが、やがてその家系がホラズムの世襲支配を強め、にはホラズム・シャーを自称してセルジューク朝から自立していった。

16
シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

・イナルチュク(?~1219年) 別名ガイル・ハーン。 王子ジャラールッディーンは退却に反対してモンゴル軍に抗戦することを主張したが、アラーウッディーンはジャラールッディーンの意見を容れず、彼を連れて逃走した。

シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

カナートは古代から用いられてきた灌漑地用地下路のこと。 テムジンはすくすくと成長し9歳になった時のこと。

3
シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

-- 作成者 2020-07-25 17:45:39• ジャラールッディーンはギヤースッディーンを再び破り、イラクに進出した。 、コンギラト朝ヒヴァ・ハン国はロシアに屈し、ロシアのとなった。 まずチンギス・カンはシルクロード沿いの諜報部員から情報を収集し、軍を編成した。

シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

但し、それだけがモンゴル帝国ではありません。

9
シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

ジャラールッディーンがガズナに移動した報告を受け取ったチンギスは人口の多いバルフを背後に残して進軍することに不安を覚え、バルフの住民を虐殺し、防壁を破壊した。 これ以後、ペルシャを統治するモンゴルの一族からムスリム風の名前の君主が多数出現した。 397-428• 1223年春にチンギスはシル川に到達し、冬の間ブハラで狩猟を楽しんでいたチャガタイとオゴデイがチンギスの元を訪れた。

シャー 朝 ホラズム シャー 朝 ホラズム

この戦いがやがて西ヨーロッパ諸国にも伝わり、当時の 侵略者の代名詞である タタールとして恐れられることになったのである。 ジャラールッディーンはアフガニスタン方面でモンゴルと戦い ながら次第に南へと後退し、一時はを渡ってに入った。 その勢いのまま西遼をも手中に収めると今度は西方のイスラム系国家であるホラズム・シャー朝へ侵略することを決めた。

20