ラブ アフェア。 ラブ・アフェアー

アフェア ラブ アフェア ラブ

レックス・ブレイリー Rex Brayley - ギター• ただし、である。 Peter Bardens - オルガン• 3 2003年 第7期-3、第9期-2、第11期-2、第11期-3、第12期 シングル [ ]• イアン・ギボンズ Ian Gibbons - キーボード• レックス・ブレイリー Rex Brayley - ギター• 後釜にバーデンスが短期間在籍。 退屈な毎日に刺激を得るために、年下の少年に浮気する姿がちょっと辛い。

10
アフェア ラブ アフェア ラブ

メンバーはマーティン・リヨン、ボブ・バナシアク、イアン・ヘンダーソン、クリス・ノース。

17
アフェア ラブ アフェア ラブ

ジョージ・ウィリアムズ George Williams - ギター• ビル・ボール Bill Ball - ベース• テッド・トムリンが代わりにギグをこなした。

15
アフェア ラブ アフェア ラブ

モーガン・フィッシャー Morgan Fisher - オルガン、ピアノ、エレクトリックピアノ、メロトロン• ボブ・サプセッド Bob Sapsed - ベース• Build On Love 1969年 第5期• モーリスの父親シド・ベーコンがマネジャーとなった。

2
アフェア ラブ アフェア ラブ

ジョン・ウォッチマン John Watchman - ギター• 一般向けにネット媒体、週刊/月刊誌、そのほか医療者向け媒体にて執筆中。

10
アフェア ラブ アフェア ラブ

メンバーはボブ・イングランド、ディック・スカーフ、ジョン・クック、ビル・ギバード、デイヴ・ポッツ。

アフェア ラブ アフェア ラブ

モーリス・ベーコン Maurice Bacon - ドラム、パーカッション 「It's A Love Affair」録音。

18
アフェア ラブ アフェア ラブ

イードン在籍時のセカンド・アルバムは、的要素が加わった。 ミック・ジャクソン Mick Jackson - ベース• アラン Alan - キーボード• 過去のヒット曲の再録も含む、カセットのみ• 1979年-1980年 リヨン、バナシアク、フィル・ミッチェル、ノースで、アルバム『Just One Drink』録音。 ファースト・アルバム『エヴァーラスティング・ラヴ・アフェアー』を録音。

18
アフェア ラブ アフェア ラブ

リントン・ゲスト Lynton Guest - オルガン、ピアノ• そんな症状はどのような病気の兆候なのか?どんな治療が有効なのか?いきいきと働き続けるために、身体と病気に関する正確な知識が欠かせません。 ボブ・イングランド Bob England - ボーカル• この時期都合の良いメンバーがツアー、レコーディングに参加していた。 ガス・イードン August "Gus" Eadon - ボーカル、フルート、アコースティックギター• 彼女にいいように使われた年下の彼と、最後まで信じて待ち続けた夫が可哀想に感じました ほんと、美しいって罪ですね。