認知 症 施策 推進 大綱。 認知症施策推進大綱について |厚生労働省

症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

そのほか認知症疾患医療センターの整備や認知症初期集中支援チームの設置、介護職員や看護職員に対する認知症スキルを高める研修などに取り組まれてきました。 (2)医療従事者等の認知症対応力向上の促進 新オレンジプランから引き続き、認知症の早期発見・早期対応、医療の提供などのための地域のネットワークの中で重要な役割を担う、かかりつけ医、歯科医師、薬剤師、看護師などに対する認知症対応力向上研修や、かかりつけ医を適切に支援する認知症サポート医を養成するための研修を実施することが盛り込まれました。

2
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

(2)若年性認知症の人への支援 新オレンジプランで言及されていた、若年性認知症支援のハンドブックの配布、都道府県ごとの専門相談窓口の設置と相談窓口への若年性認知症支援コーディネーターの配置などの施策を引き続き推進します。

3
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

認知症施策推進大綱の具体的な施策 設定された5つの柱に沿って、具体的な取組やKPIが定められています。 ケアマネジャーが知っておきたい新しい認知症支援の方法 「認知症施策推進大綱」では「認知症予防」「医療・ケア・介護サービス・介護者への支援」「普及啓発」「認知症バリアフリーの推進」「研究開発など」の5つの柱で取り組まれていきます。 「認知症施策推進大網」には、認知症の発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会のために、「共生」と「予防」を両輪とした様ざまな施策が盛り込まれています。

11
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

医療従事者に対する認知症対応力向上研修受講者数 かかりつけ医 9万人 認知症サポート医 1. また、行方不明時については、厚生労働省の特設ホームページの活用のほか、ICTを活用した操作システムの普及を図るとしています。

9
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

認知症初期集中支援チーム 複数の専門職が、認知症が疑われる人や認知症の人とその家族を訪問し、観察・評価を行った上で、家族支援等の初期の支援を包括的・集中的に行います。 後編では、医療・介護従事者や家族への支援策や、「認知症バリアフリー」の実現に向けた方策が示されました。

2
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

新オレンジプランのアップグレード版である新大綱によって、認知症の「予防」がどのように実現するのか、注視する必要があるといえるでしょう。 障害者などが安心して通行できる幅の広い歩道などの整備も推進する。

6
症 大綱 認知 施策 推進 症 大綱 認知 施策 推進

[PDF形式:587KB]• (政府広報オンライン)• 認知症サポーターなどによる見守り活動を通して、地域の見守り体制を構築することを目指します。

20