札幌 教育 委員 会。 教育委員の活動/札幌市

委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

文化・社会教育行政、学校教育行政の所管を自治体の自主性に委ねることにより、自治体住民の代表である首長が「住民のニーズに沿って総合的な教育施策を展開する」ことを意図している。 ただし、条例で定めるところにより、都道府県若しくは市又は地方公共団体の組合のうち都道府県若しくは市が加入するものの教育委員会にあつては教育長及び五人以上の委員、町村又は地方公共団体の組合のうち町村のみが加入するものの教育委員会にあつては教育長及び二人以上の委員をもつて組織することができる。 委員は、地方公共団体の長(首長)が、議会の同意を得て、任命する(地行法4条2項)。

16
委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

委員は、心身の故障のため職務の遂行に堪えないと認める場合又は職務上の義務違反その他委員たるに適しない非行があると認める場合(地行法7条1項)、半数以上の委員が同一政党に所属することとなった場合(同条2項・3項)には罷免されるが、これらの場合を除き、その意に反して罷免されることはない(身分保障、同条4項)。

19
委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

指導主事は、教育に関し識見を有し、かつ、学校における教育課程、学習指導その他学校教育に関する専門的事項について教養と経験がある者でなければならない(同条4項)。 予算案の作成と予算の執行 [ ] 教育委員会には、予算案作成権や予算案を議会に提出する権限、予算を執行する権限はない(地方自治法第109条、186条の6)。 これは、アメリカ合衆国の教育当局と教育委員会との関係を想定したものである。

12
委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

プレスリリース , 文部科学省(中央教育審議会教育制度分科会地方教育行政部会・第5回・提出資料), 2004年6月15日 , 2014年3月1日閲覧。 方針は、「教育委員会制度については、十分機能を果たしていない等の指摘を踏まえ、教育の政治的中立性の担保に留意しつつ、当面、市町村の教育委員会の権限(例えば、学校施設の整備・管理権限、文化・スポーツに関する事務の権限など)を首長へ移譲する特区の実験的な取組みを進めるとともに、教育行政の仕組み、教育委員会制度について、抜本的な改革を行うこととし、早急に結論を得る」とする。 首長の職務権限 [ ] なお、地方公共団体の長は、次の各号に掲げる教育に関する事務を管理し、及び執行する(地行法22条)。

委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

しかし、「教育委員選挙の低投票率、首長のライバルの教育委員への立候補・当選、教職員組合を動員した選挙活動」(文部科学省、2004年)などにより、教育委員会は発足直後から廃止が主張される。

4
委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

教育委員会の所掌に係る事項に関する契約を結ぶこと。

6
委員 札幌 会 教育 委員 札幌 会 教育

学校には、法律で定めるところにより、、、、、事務職員、技術職員その他の所要の職員を置く(地行法31条1項)。

3